ミネラルウォーターとはどのような水?

ミネラルウォーターってどんな水?

 

そもそも「ミネラルウォーター」とはどのような水なのでしょうか??

 

 

農林水産省発表のミネラルウォーター品質ガイドラインでは、容器に入った飲料水に殺菌処理を

 

義務付け、以下の4種類に分類しています。

 

 

1:ナチュラルミネラルウォーター

 

特定の水源から採水されたミネラルを含む地下水(天然の炭酸ガスが溶け込んだ

 

発泡性地下水も含む)のみを原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、

 

化学的な処理を行っていないもの

 

 

2:ナチュラルウォーター

 

特定の水源から採水された地下水のみを原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、

 

化学的な処理を行っていないもの

 

 

3:ミネラルウォーター

 

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させるなどの目的でミネラルの調整や

 

原水のブレンド、ばっ気(水の中に空気を送り込んで水中に溶け込ませる方法)などをして

 

人工的に調整したもの。

 

また、殺菌方法も沈殿、ろ過、加熱殺菌以外に紫外線殺菌やオゾン殺菌なども可能。

 

 

4:ボトルドウォーター

 

上記以外の水。原水として水道水を使用しても良い。

 

例えば、東京都水道局では浄水場で高度浄水処理をした水道水を使用して「東京水」という

 

ボトルドウォーターを製造しています。

 

 

ですので、容器に入って販売されているものが全てミネラルウォーターというわけではありません。

 

 

ちなみにヨーロッパなどでは、ナチュラルミネラルウォーターは「殺菌処理してはいけない」

 

ことになっています。

 

理由の1つとして、水は加熱してしまうと組成が変質してしまうからです。

 

これは、各国の水に対する考え方の違いによるものでしょう。

 

私個人的にはこれが本当の意味で「ナチュラル」だと思います(笑)