軟水と硬水

軟水と硬水

水は、大きく「軟水」と「硬水」に分けることができます。

 

「おいしい水」のコラムでも述べましたが、私達日本人が一般的においしいと感じる水は軟水です。

 

よくスーバーやコンビニなどでペットボトルを買われる方は、栄養成分表示欄に「軟水」とか

 

「硬水」と表示されているのを見たことがあるかもしれません。

 

その水が軟水なのか硬水なのかは水の「硬度」によって決まります。

 

硬度とは水に含まれるマグネシウムとカルシウムの総量を数値化したものです。

 

硬度が低い水(マグネシウムとカルシウムの総量が少ない水)を軟水、硬度が高い水

 

(マグネシウムとカルシウムの総量が多い水)を硬水と言います。

 

ところで、なぜ日本で採水される水はほとんどが軟水で、欧米諸国の水は硬水が多いのでしょうか?

 

それには地形が大きく関係しています。

 

日本のように急峻な地形では、降った雨が山などで吸収されたあと地層を通り、湧水として

 

地上に出てくるまでの時間が短い為に多くのミネラルを含みません。

 

地下水は地上に流れ出る水よりもミネラルを多く含みます。

 

これに対し、欧米諸国では広大で緩やかな土地の地層を水が長い時間をかけて通るので、

 

その間に多くのミネラルを吸収するため硬水になるのです。