ウォーターサーバーの利便性

ウォーターサーバーの利便性

ウォーターサーバーのメリットは何でしょうか?

 

まず第1に、「物理的に」安全な水を飲めるということですね。

 

これはどういうことでしょうか?

 

ウォーターサーバーに使用される水は大きく(ナチュラル)ミネラルウォーターとRO水に分けられます。

 

RO水に関しては物理的に安全な水と言えます。それは、原水のろ過に使用されるRO膜の構造にあります。

 

RO膜(逆浸透膜とも呼ばれる)はNASAによって開発され、海水淡水化などにも使用される

 

非常に微細な穴を持つ薄い膜です。

 

この膜に強い水圧をかけて強制的に水をろ過するわけですが、RO膜の穴の大きさはおよそ

 

1000万分の1ミリの大きさです。

 

水分子はRO膜の穴よりも小さいので通過できますが、それよりも大きな不純物は物理的に止まるわけです。

 

例えばRO膜の穴をビー玉程の大きさの穴だとしたら、テニスボールやバスケットボールなど

 

(水に含まれる不純物)は大きすぎて通せませんよね。

 

このような事から、RO膜を使用した水は物理的に安心な水だといえます。

 

(ナチュラル)ミネラルウォーターに関しては「水の豆知識」>「ミネラルウォーターってどんな水?」を

 

参照してください。

 

 

第2に、震災時の貴重な蓄えとなることです。

 

これはとても重要なことです。

 

震災は起きないに越した事はありませんが、万が一大震災などが発生してライフラインが全て

 

ダウンしてしまったら「電気」、「ガス」、「水道」の中で最も緊急を要するのはどれでしょうか?

 

季節的、地理的要因は考慮せずに考えた場合、私個人的には水だと考えます。

 

例えば、人間は一ヶ月くらいは食べ物が無くてもなんとか生存することは可能ですが、

 

水がなければ一週間ともちません。

 

いざ、という時の備えになることは大きな利点です。

 

 

そして第3は、単純に手軽さでしょう。

 

冷たい水や熱いお湯がすぐに使えるのはとても便利です。

 

欲しい!と思った時にすぐに欲求を満たしてくれるのは大きな利点だと思います。